--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2009年07月15日

奥多摩北秋川流域・水ノ戸沢。

今日はフリーの日となったため、一人で奥多摩へ沢登りに行ってきました。

水ノ戸沢・その1
林道から見下ろした、今回の目標である水ノ戸沢。
JR武蔵五日市駅からバスに乗って、神ノ戸岩入り口で下車し、車道と林道を1時間弱歩いて取り付きとなります。
入渓点は、この写真よりもう少し上流からとしました。

水ノ戸沢・その2
入渓後間もなくの渓相は、こんな感じ。
なかなか良い雰囲気です。

水ノ戸沢・その3
しかし、こういう谷らしい雰囲気も遡行後15分くらいまででしょうか?

水ノ戸沢・その4
これは左岸の大きなわさび田。
その他、伐採後の倒木で沢が覆われている箇所だとか、あとは山仕事の人が捨てたであろうゴミが多くて、少々興醒めする沢でありました。

水ノ戸沢・その5
ツメの急登を登りきって、抜け出た地点は御前山(ごぜんやま・1405m)とクロノ尾山のほぼ中間地点。
この写真はその抜け出た地点から見た、御前山の頂上を写したものです。

水ノ戸沢・その6
最近はすっかりピークハンターとなっているので、しっかり御前山の頂上も踏んできました。

水ノ戸沢・その7
さらに大ダワを経て、鋸山(のこぎりやま・1109m)の頂上にも行ってきました。
(こんなことをしている間に、予定していた電車に乗り遅れ、その後の予定に遅刻してしまったのですが…)

水ノ戸沢・その8
鋸尾根上に安置されている、天狗の石像。

水ノ戸沢・その9
奥多摩駅に降りる直前の、愛宕山(あたごやま・499.2m)頂上。

今日は近場ながら、沢とハイキングでそれなりに充実した一日でしたが、沢の荒れ具合にちょっと不満も残ってしまいました。
やはり同じ奥多摩とはいってももう少し奥に入ったほうが、人臭さが少なくて山を楽しめるのではないかと思いました。

2009年07月15日 沢登り コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。