--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2009年07月02日

飯能駅北口『山遊人』。

古くからの山の仲間が、新しく登山用品店を始めたので様子を見に行ってきました。

飯能駅北口『山遊人』・その1
お店の名前は、『山遊人(さんゆうじん)』。
場所は西武池袋線飯能駅の北口を出て、ロータリーの向こう側に伸びる歩道の左側に、5軒並んだ店舗の真ん中のお店です。

飯能駅北口『山遊人』・その2
お店の外観はこんな感じ。
なかなか本格的な店構えです。

飯能駅北口『山遊人』・その3
そして店長の小川元章さん。
かつては谷川岳一ノ倉沢変形チムニーや、穂高屏風岩東稜ルートを登ったクライマーでもあった方です。
(それよりも東京周辺の登山者ならば、カモシカスポーツの前店長として、ご存知の方も多いかもしれません)
山と山の道具には大変に詳しく、中でも特にシューズ、登山靴に関しては第一人者といってよい方です。
何か解らないこと、お悩みのことなどあれば、ぜひ相談に行ってみていただければと思います。

ところで小川さんと私との関係というと…今から10年以上も前に、私がチーフリーダーとして活動していた山岳会に、クライミングをしてみたいといって小川さんが入会してきたのが付き合いの始まりでした。
小川さんは本当に温厚な方で、年下で当時は血気盛んだった私にも、大変に優しさを持って接してくれました。
その後、お互いにその山岳会からは退会したものの、私の方から小川さんの勤務先であったカモシカスポーツには頻繁に足を運び、親しいお付き合いはずっと続いていたのでした。
それでも私が鳥取に引っ越してからは、顔を合わせるのは私の上京時のみで、そんなにじっくりと話す時間もなくなっていました。
しかし今日は、お店の閉店後に近くの居酒屋に移動して、2時間余りもいろいろと語り合うことができました。
小川さんのお店もそうですが、私のガイド業も軌道に乗せるまで今が頑張りどころ。
お互いに努力し、協力できるところは協力しようと約束し合って、飯能を後にしました。

ということで『山遊人』ですが、埼玉郊外という場所柄、足を運びづらい人も多いかと思いますが、機会があればぜひお店をのぞいてみていただければと思いますので、よろしくお願いします。
「山と兎」を見たと言っても、決して安くなることはない(?)ですが、色々なことに対して親切に相談に乗ってくれることと思います。

2009年07月02日 登山の話題 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。