--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2009年06月29日

ヨコスズ尾根から一杯水へ。

6月末から7月始めの梅雨真っ盛りの時期のため、ちょっと仕事が途絶えてしまいました。
それでは久し振りに自分の行きたい山に行こう!と思案したのですが…やっぱり予報ではずっと雨!
仕方がないので、ちょっと日和った感が強くはありますが、避難小屋があって雨でも安心な、奥多摩の縦走路を歩いてくることにしました。

ヨコスズ尾根から一杯水へ・その1
朝遅めに実家を出て、久し振りに降り立った奥多摩の駅前。
前回ここに来たのは、2004年6月に妻と一緒に鷹ノ巣山(たかのすやま・1736.6m)の稲村岩尾根を登って以来で、5年振りということになります。
駅の斜め向かいにある大好きだった「丸花食堂」には、営業を止めましたとの紙が貼られていました。
残念ですが、店を仕切っていたおばあさんが随分とご高齢だったため、やむを得ないのでしょう。
JR武蔵五日市駅前の「秋川食堂」、小田急線新松田駅前の「マニラ食堂」と、私の好きだった登山口の食堂は、みんな営業を止めてしまったことになります。
ちょっと寂しい感じです…。

ヨコスズ尾根から一杯水へ・その2
さて奥多摩駅前からバスに乗って東日原に向かい、バス停裏手からヨコスズ尾根に取り付きます。
登り始めはこのような暗い雰囲気の植林帯の急登で、気が滅入ります…。

ヨコスズ尾根から一杯水へ・その3
やがて右手に石灰岩採掘地が見えてくる辺りから、自然林の箇所が多くなってきて、雰囲気も明るくなってきました。
写真は滝入ノ峰を右から巻いた先のコル状の尾根です。
新緑が美しく、楽しく登っていけるところです。

ヨコスズ尾根から一杯水へ・その4
さらに尾根を辿って、バス停から2時間余りで今日の宿となる、一杯水避難小屋に到着しました。

ヨコスズ尾根から一杯水へ・その5
誰もいない小屋の中に身を落ち着けて、まずは一人ビールで乾杯。
この後明るいうちに夕食も済ませ、ロングコースとなる明日に備えて、早めに寝袋に入ることにしました。

2009年06月29日 その他の山々 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。