--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2009年06月10日

雨の横手道。

今日の米子は朝から雨。
当然、山の上でも雨であることは間違いない状況ではあったのですが、諸般の事情により、伯耆大山の中腹に付けられた横手道を歩いてきました。

雨の横手道・その1
横手道入り口。
桝水高原から車道を鍵掛峠方面に進んだ左側に、ご覧のような標識が立てられています。

雨の横手道・その2
けっこう激しい雨の中を、とぼとぼと歩いて辿り着いた、横手道のほぼ中間地点である桝水高原のリフト終点付近。
晴れていれば素晴らしい展望が開ける場所なのですが、雨だとこんなものです。

雨の横手道・その3
大山寺手前の大鳥居。
ここまで来るとすぐそこに車道が通っているのですが、それでも神秘的な雰囲気の漂う、横手道のシンボル的存在です。

この横手道は、高度差がほとんどなくてのんびりとした山歩きが楽しめる、良いコースだと思います。
しかし入り口と終点となる大山寺が少し離れているため、アプローチに車を使うにはちょっと不便です。
入り口までバスなどが通っていると良いのですが、そういう訳でもないので、コース全体を通して歩いた人は意外と少ないのではないかと思われます。
せっかくの良いコースなのに、ちょっともったいない感じです。。

<訂正>
横手道入り口までは定期バスが運行されていて、けっこう人気のコースなのだそうです。
普段はあんまり注目していないコースのため、私が知らなかっただけなのでした。
(banちゃん、指摘ありがとう)


ツチグリ
ところで今日は展望はほとんど得られなかったのですが、足元に面白いものを発見しました。
それは“ツチグリ”で、雨が降ると外側が開き、晴れると閉じるという不思議なキノコです。
私は子供の頃からこのキノコが大好き!です。
久し振りに見ることができたので、とても嬉しく思いました。

2009年06月10日 伯耆大山と周辺 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。