--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2009年06月04日

ソウル市内。

3泊4日間の韓国滞在の最終目は、われわれのホテルのすぐ近くで勤務する韓国の友人が、地元で人気の朝食を食べられるお店に案内してくれました。

ソウル市内・その1
その朝食のメニューはこれ、“ブックォクッチブ”と呼ばれるスケソウダラのスープをメインのおかずにしたものでした。
独特の風味のある美味しいスープでお代わり自由なため、2杯もいただいてしまいました。
(ここに限らず、韓国のほとんど全ての飲食店ではお代わりは無料なのでした)

ソウル市内・その2
お店の概観はこんな感じ。
周辺はソウル市内でも有数の高層ビルが立ち並ぶオフィス街なのですが、このお店はご覧のようなアジア風の佇まいで、ひっそりと営業しているのでした。
しかし外壁には日本語の案内も掲示されていたので、意外と知る人は知る、人気のお店であるのかもしれません。

ソウル市内・その3
さて朝食の後はホテルをチェックアウトし、前から行ってみたいと思っていた東大門の登山用品店街に行ってみました。
この登山用品店街は、日本の秋葉原の電気街のように登山道具屋が立ち並ぶ、なかなか嬉しくなる通りです。
私は写真の店舗で、日本ではもう買うことができなくなってしまった、カムの“エイリアン”を2個購入しました。
(ただしハイブリッドタイプ。ノーマルタイプはやはりもう品切れでした)

ソウル市内・その4
続けて今度は、大通りをはさんだ向こう側にあるアーケード街へ。
路上では各種屋台が出店して、なかなか良い雰囲気ではあるのですが、少々グロテスクな肉料理だったため私たちはパス。

ソウル市内・その5
地元の方が、私たちに勧めてくれたのはこのお店。
ソウルでも大人気のチヂミのお店なのだそうです。

ソウル市内・その6
中に入って早速注文すると、出てきたのはこのようなフライドチヂミで“ピンデートゥク”と呼ばれるものでした。
これは本当に美味しく、今回韓国で食べた中では一番印象に残った食べ物となりました。

さてそのピンデートゥクを食べた我々は、地下鉄に乗って金浦空港へと移動し、アシアナ航空で羽田へと戻りました。
今回の韓国は3泊4日と期間が短く、また雨にたたられて思うようには登れなかったのですが、それでも仁寿峰をはじめとする山々の概要を知ることができたため、とても充実した日々となりました。
韓国は思っていたよりも近くて快適で、また人々もとても親切で優しい素晴らしい国だったので、また訪れたいところです。
できれば次は今年の秋に、今回頂上に立てなかった仁寿峰の頂上に立ってみたいなと考えています。

2009年06月04日 旅行・観光 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。