--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2009年04月30日

またまた船上山屏風岩。

今日は四国の剣山から帰ってきた翌日で、午後には米子市主催の韓国語講座を受講する日でもあるのですが、岳獅会の仲間が船上山屏風岩へ行くというので、少しだけ仲間に入れてもらうことにしました。

船上山屏風岩
仲間より遅れて岩場の基部へ行くと、船上のぞきエリアの正面凹角ルート(5.10a)にトップロープが張られていたので、そのまま登らせていただくことにしました。

その次はリードで、正面凹角ルートとカンテルートの中間にある、5.8くらいのルートを登ろうとしたのですが、ラインが判然とせず敗退。
くやしいので正面凹角ルートすぐ左のランペ状のルートに取り付いたのですが…クリップがうまくできず、途中の浮石に苦しめられ、ボロボロの状態でトップアウトする始末…。
まあこんなところが、今の自分の実力でしょうか???
さて韓国語講座に遅刻してはいけないので、この2本だけ登らせていただいて、慌ただしく岩場を後にしました。

甲川・その1
これは米子市内に戻る途中の鶯橋から写した、甲川(きのえがわ)の写真です。

甲川・その2
この甲川は山陰を代表する沢登りコースで、泳ぎや人工登攀を駆使したゴルジュ突破が実践できる場所です。
ルートグレードは4級がつけられ、かなり充実した遡行ができるそうですが、これまでうまく日程調整ができなくて、私は一度も登ったことがないのです。
今年こそは…と思うものの、遡行適期である夏の間はガイドの仕事で県外に出ることが多くなりそうなので、今年もきっと遡行できないことでしょう。
残念です。。。

香取
これはさらに米子市内に向かって、香取の集落から見た伯耆大山(ほうきだいせん・1729m)の写真です。
数日前の寒かった日に雪が降ったようで、北壁には思いのほか雪が残っているように見えました。
大山には次は、5月5日の子供の日に、春山パトロールの一員として警察官の方と一緒に夏山登山道から登る予定です。
仲間が前日に山菜を用意して、頂上で天ぷらにして食べさせてくれると言っているので、今からとても楽しみです。

2009年04月30日 クライミング コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。