--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2009年04月02日

鳥取東部山地・鷲峰山。

今日は私が講師として担当する、地元カルチャーセンターの登山教室で登る予定の、鳥取東部山地の鷲峰山(じゅうぼうざん・920.6m)に行ってきました。

鷲峰山・その1
鷲峰山は良く登られている山で、四方に登山口があるのですが、今回は山頂から南西側に位置する、河内登山口から登りました。

鷲峰山・その2
河内登山口からの道は、沢に沿った落ち着いた道で、ゆっくりと高度を上げていきます。

鷲峰山・その3
やがて道は沢を外れ、うっそうとした林を少々登って辿り着いた安蔵峠。
ここで安蔵森林公園からの登山道と合流しました。
山頂へは北に続く尾根道を進みます。

鷲峰山・その4
高圧送電線の鉄塔を潜った先から、丸太階段の急な登りとなりました。

鷲峰山・その5
階段に飽き飽きしてくる頃、やっと712mの小ピークに到着。
ここら辺から、道は完全に雪に覆われるようになってきました。
前方に見えるのが804mのピークで、山頂はさらに尾根を左手に辿った先になります。

鷲峰山・その6
804mピークの登りも階段ですが、さっきのものよりは傾斜が緩く、多少は歩きやすく感じました。

鷲峰山・その7
804mピークを過ぎた先辺りから、周囲は大きなものも目立つ、ブナの自然林になってきました。

鷲峰山・その8
意外と遠く感じた山頂です。
展望台があって日本海、そして湖山池を間近に望むことができました。
下山は同コースを辿って、河内登山口へと戻りました。

今回の鷲峰山、標高は1000m以下ながら山深く、地元で名峰とされているだけのことはある山だと思いました。
でも年配の方には、ちょっと歩行距離が長いかな?と感じないでもありません。
登山教室当日は、少しでも歩く距離を少なくするよう、安蔵森林公園からの道を辿るようにしようかと、現在思案しているところです。

2009年04月02日 その他の山々 コメント:3

鳥取城趾、久松公園から、右手に鷲峰山、左に扇ノ山が望めます。高校まで鳥取で過ごした私にとって、とても懐かしい風景です。
鷲峰山に登りたいと思いながら、休暇があると別の山域に足が向き、なかなか果たせずにいます。ブログを拝見して今年こそは、と思いました。

2009年04月03日 あり URL 編集

ありさんはじめまして。
コメントありがとうございます。
ありさんは、高校まで鳥取にいらっしゃったのですね。
私も高校まで秋田にいたのですが、秋田の山は一切登ったことはありません。
しかし同じように、機会があれば登りたいとは、ずっと思っています。
鷲峰山は、思ったよりも登りでのある良い山でしたよ。
特に新緑や紅葉の時期が良いみたいです。
今年はぜひ登ってみてください。

2009年04月03日 きもと URL 編集

野人さん、こんにちは。
大変に失礼ながら、いただいたコメントを間違って削除してしまったようです。
すみません。。

鷲峰山、どうということのない里山かと思っていましたが、なかなか大変な登りで驚きました。
それと鳥海山にも行かれたのですね。
私もぜひ行ってみたいと思う山なのですが、山陰からは遠くてなかなか足が向きません。
関東に住んでいる間に行っておけば良かったと後悔しております。
また腰を痛める人も山をやる人には多いですが、とりあえずは良くなったみたいでよかったですね。
私もそろそろガタのくる年齢なので、気をつけたいと思っています。

2009年04月06日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。