--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2008年11月01日

紅葉の蒜山三山縦走。

今日は妻と、妻の会社の同僚と私の3人で、中国山地の蒜山三山の縦走に行ってきました。

蒜山三山縦走・その1
私がこのコースを歩くのは、今年の梅雨の時期に続いて2回目。
その時は1人だったこともあり、下の車道は全部歩いたのですが(約2時間半ほど)、今回は車2台を使用し、1台は下山地である上蒜山スキー場の駐車場にデポ。
もう1台で下蒜山登山口に移動し、車道歩きは省略しました。
下蒜山登山口から30分程は、樹林の中の展望のない道ですが、五合目の辺りからはご覧のように、気持ちよく視界の広がる尾根道が続きます。
前方に見えるのが、最初のピークである下蒜山(しもひるぜん・1100.3m)です。

蒜山三山縦走・その2
下蒜山は、頂上直下の傾斜がやや急で、体力的に苦しいところです。
しかし振り返ると眼下には、美しい紅葉と笹原の尾根が延びていて、疲れも吹き飛びます。

蒜山三山縦走・その3
下蒜山頂上で小休止の後、次のピークである中蒜山(なかひるぜん・1123.3m)に向けて出発。
写真右奥のどっしりとしたピークが、その中蒜山です。

蒜山三山縦走・その4
中蒜山に向かう尾根道も、両側の紅葉に挟まれた、気持ちの良い笹原の中の道で、爽快な気分で歩くことができました。

蒜山三山縦走・その5
中蒜山の頂上近くから振り返った下蒜山。
山肌が紅葉に彩られ、とってもきれいでした。
今回の登山は、紅葉のベストシーズンだったようです。

蒜山三山縦走・その6
ダラダラとした登りがしばらく続くと、やがて前方に中蒜山避難小屋が見えてきました。
その左奥が頂上、我々はその一角で大休止とし、昼食をとりました。

蒜山三山縦走・その7
これは中蒜山頂上から見た、次のピークである上蒜山(かみひるぜん・1202m)です。
こちらも全山紅葉の真っ最中で、本当に美しい姿です。

蒜山三山縦走・その8
これはその上蒜山の頂上手前から振り返った写真。
右手前が中蒜山、左奥が下蒜山でここまで歩いた道を一望することができました。

蒜山三山縦走・その9
さてこの後は、上蒜山の頂上を後にして下山となったのですが、ここからが今回の登山のハイライトだったのでした。
尾根一面を覆うススキが逆光に輝いて、おとぎの国のような道になっていたのです。

蒜山三山縦走・その10
ススキと紅葉がミックスして本当に美しく、まるで夢の中を歩いているような気分を味わうことができました。
あまり登山経験のない、妻の会社の同僚の方にもとっても喜んでいただき、今回は楽しい登山となりました。
私も最近はあまり出掛けることができず、悶々とする日々が続いたのですが、そんな気分を吹き飛ばす、久し振りに充実した1日でした。

参考資料:
中国地方の山100選
岡山県の山 (新・分県登山ガイド 32)
大山・蒜山高原 2008年版 (山と高原地図 53)

2008年11月01日 伯耆大山と周辺 コメント:4

今年は何処も素晴らしい紅葉ですね・・写真を楽しませて頂きました。体の方は全快ですね、Shige足は8割位かな・・まだ全力で走るのが怖いですね、負荷もあまり掛けないように、自分で境界線作ってしまいます。んん・・怖いけど・・頑張ります。

2008年11月04日 Shige URL 編集

この週末、kinkachoの講習仲間が蒜山と大山へバスを仕立てて行くんですよ。
kinkachoは所用があって行けないんです。
この紅葉が見れないとは残念です!!

2008年11月04日 kinkacho URL 編集

Shigeさん、こんにちは。
今年は紅葉の当たり年みたいですね。
台風が来なかったのが良かったようです。
足、もうすぐ1年ですね。
無理のないよう少しずつ動かしていけば、気付いた時にはもう何ともなかった、ということになればいいですね。
がんばってください!

2008年11月04日 きもと URL 編集

kinkachoさん、こんにちは。
今週末だったら、下のほうならまだ紅葉が見れそうですが、行けないとは残念です。
チャーターバスというのは、良いアイディアだと思います。
大山周辺の車の量は物凄いので、混雑緩和にも役立つことでしょう。
それにしても講習生の皆さん、仲が良くて楽しそうですね。

2008年11月04日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。