--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2008年09月14日

船上山・ロッククライミング教室。

昨日今日の2日間、鳥取県立船上山少年自然の家主催の、ロッククライミング教室に講師役で行ってきました。
(講師は私を含め、鳥取県山岳協会から5名でした)

参加者は、小学5年生から中学1年生までの少年少女11名。
初日は午後に、船上山屏風岩の下部にある練習岩と呼ばれる、高さ5m余りのボルダーで3点支持と懸垂下降の練習。
翌日は船上のぞきエリアの、カンテルート(30m・IV)を登って懸垂下降。
このカンテルートは高度感抜群のため、大人でも経験の浅い人は少々緊張するルートだと思います。

船上山クライミング教室・その1
カンテルート上半の登り。
高度感はあるといっても決して難しくはないので、運動神経の良い子ならば、ひょいひょい登ってきます。

船上山クライミング教室・その2
カンテルート終了点直下。
あと少しで完登、がんばれ~!

船上山クライミング教室・その3
終了点のテラスで一息ついた後は懸垂下降。
慎重に下降器にロープをセット。
さらにもう1本のロープでバックアップとして確保します。

船上山クライミング教室・その4
この下降ルートは出だしから間もなく、空中懸垂気味になるので、少々怖く感じるところです。
しかし身軽な子は、女の子でも臆することなくどんどんと下降していきます。
私の駆け出しの頃は、懸垂下降に慣れるまでけっこう時間がかかったものなのですが…何だか凄い!です。。

船上山クライミング教室・その5
でも全ての子供が自力で降りれる訳ではなく、1~2名は泣きが入って降りれなくなってしまう子もいます。
そういう子はレスキュー技術を使って、振り分け式懸垂下降で下まで降ろしてあげました。
少しはこういう子がいてくれたほうが、愛嬌があって微笑ましい感じです。

このロッククライミング教室、初級ルート1本を登るだけはありますが、子供たちにとっては思い出に残る大冒険であったに違いないでしょう。
私は講師役をするのはこれで3回目なのですが、そういう子供の思い出に残る行事のお手伝いをできることに、次第に喜びを感じるようになってきました。
次回は来年春に開催される予定だったはずですが、その時もまたお手伝いできたら良いなと思いました。

2008年09月14日 クライミング コメント:2

この1枚目の写真を甲斐駒の頂上で携帯で見ていました。
直登コースでヒイヒイ言っては申し訳ないと気持ちを引き締めた(?)一枚です。

2008年09月17日 kinkacho URL 編集

kinkachoさん、こんにちは。
最初に1枚だけ載せた写真は、小学6年生の女の子です。
生まれて初めての懸垂下降のはずですが、下降器をセットしてあげると、
「ここを降りればいいんですね。」
と言って、ためらうことなくスイスイと降りて行きました。。。
緊張して泣く子もいるのに、、みんなびっくりでした。。

2008年09月17日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。