--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2008年07月14日

クワガタムシを飼うことにしました。

昨日は用事があってずっと外出。
夕方帰宅すると、メスのクワガタムシが腹を上げた体勢で、玄関前に落ちていました。
…。
どうやら、もう死んでいるようです。
日中の暑さはかなりのものだったので、夜のうちに飛んできて朝を迎えたものが、アパートの廊下を這い回るうちに、暑さにやられて力尽きてしまったのだと思いました。
もう少し早く見つけられたら、助けてあげられたのに…。
そう思ってつまみ上げると、死んでいたと思ったクワガタムシは、弱々しい仕草で足をもぞもぞと動かしました。
驚いたことに、まだ生きているようでした。

クワガタムシ・その1
とりあえずそのクワガタムシを鉢植えの土の上に置き、はちみつを浸み込ませたティッシュペーパーを近付けてみました。
すると弱々しかった動きが急に力強くなり、舌を出してペロペロと舐め始めました。
随分とお腹が空いていたみたいです。

クワガタムシ・その2
妻と相談した結果、このメスのクワガタムシをこのまま外に放したとしても、体が弱っていることに違いはないので長くはもたないだろう、だったら家で飼ってあげよう、ということで話がまとまりました。
さっそく近所のホームセンターで、カブトムシ・クワガタムシの飼育セットを購入。
家に帰って準備を始めると、“サマーベッド”で寝ていたぽこも、興味深そうな仕草で様子を伺いにきました。

クワガタムシ・その3
水槽に土や餌をセットし、クワガタムシを中に入れてみました。
一方ぽこは、一生懸命に水槽の縁にあごを擦り付け(うさぎのあごには縄張りを示す臭腺があるのです)、これは自分のものだと主張していました。
調子に乗ってあんまり近づくと、鼻を挟まれるから気を付けるんだよ~。

クワガタムシ・その4
昆虫ゼリーを舐めるクワガタムシ。
そんなに長生きする生き物ではないクワガタムシですが、何とか体力を取り戻してもらって、せめて夏の間は一緒に過ごせたら良いなと思っています。

2008年07月14日 かわいい動物たち コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。