--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2008年06月01日

楽々福神社。

今日はあまりにも天気が良かったので、近くの楽々福神社(ささふくじんじゃ)まで散歩に行ってきました。

楽々福神社・その1
田んぼの中にある楽々福神社。
拝殿は、こんもりとした森の中にあります。

楽々福神社・その2
手前の石燈籠に彫られていた、眷属のうさぎ。
この石燈籠には明治廿五年九月祭と彫られていたので、あまり古いものではないようです。

楽々福神社・その3
拝殿には、巨大な注連縄がつけられていました。
まるで出雲大社のようです。

楽々福神社・その4
拝殿上部に彫られていた龍は、極彩色で彩られていました。

楽々福神社・その5
この神社に祀られているのは、鬼住山の鬼を退治した孝霊天皇のようです。
この天皇は、米子からよく見える孝霊山とも関係があるのかもしれません。

楽々福神社・その6
拝殿の左手にはこんもりとした丘があり、質素な鳥居と孝霊天皇の崩御地を示す杭が打たれていました。

楽々福神社・その7
この神社の御神木です。

この楽々福神社はあまり目立たない神社ですが、とても歴史があり今でも地元の方々にとても大切にされているようです。
境内にはモミジの木などもたくさん植えられていたので、紅葉の時期に訪れても良いのではないかと思いました。

2008年06月01日 旅行・観光 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。