FC2ブログ

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2008年03月22日

伯耆大山北壁・別山バットレス中央稜。

今日は伯耆大山北壁の中でも最もメジャールートとされる、別山バットレス・中央稜に行ってきました。

別山バットレス中央稜・その1
アプローチの途中から見上げた別山。
写真に写っている側がバットレスで、目標の中央稜は正面の大きな岩稜となります。
左手のゴツゴツした岩稜が「幻のカンテ」、右手のスカイラインは右稜と呼ばれています。

別山バットレス中央稜・その2
中央稜の下部は左から巻いて取り付くのが普通のようですが、左手上部より小石がバラバラ降ってきて気持ちが悪いため、今日は末端から取り付きました。
50m程でコル状の地形となるのですが、そこからが本格的な登攀の始まりとなります。しかし最初のうちは傾斜が緩くて雪も多いため、ロープをいっぱいに出した同時登攀で登っていきました。

別山バットレス中央稜・その3
やがて傾斜が急になる辺りの露岩にビレイ点が作られていたので、そこからスタカットに切り替えることにしました。
まずは急傾斜の草付きの斜面を2ピッチ、ダブルアックスで登って行きます。

別山バットレス中央稜・その4
3ピッチ目も出だしは草付きダブルアックスですが、ピッチの終わり頃には岩の部分が多くなってきました。
そして本来であれば、核心部右手前のビレイ点でピッチを切るところなのでしょうが…そのビレイ点のボルトがあまりにも腐食していて、今回は体重を預ける気にはなれませんでした。
少々考えた結果、パートナーにビレイを解除して少し登ってもらい、核心を登ってその上でピッチを切ることにしました。
核心部とはいってもせいぜいIII程度で容易、難なく通過してその上部の露岩にピトン2本を打ちアンカーを作成、パートナーを迎えました。

別山バットレス中央稜・その5
これは隣の弥山尾根西稜を登っていた岳獅会の仲間が写してくれた、我々の登攀中の模様。
1つ上の写真とちょうど同じくらいのタイミングで撮られています。
この後の4ピッチ目は傾斜が落ちて、不安定なガレ場登り20mほどで別山の頂上となりました。

別山バットレス中央稜・その6
続けて別山頂上より、吊尾根への下降点まで移動。

別山バットレス中央稜・その7
さらに残置支点を利用して、25mの懸垂下降で吊尾根のコルへ。

別山バットレス中央稜・その8
これは弥山頂上付近から撮影した吊尾根の様子です。
左手に小さく、最後の雪稜を登っている我々の姿が写っています。

今回登った別山バットレス中央稜は、人気ルートだけあって変化に富んだ、面白い内容のルートでした。
隣の右稜も面白そうで登ってみたいのですが、北壁のシーズンはもう終わりの時期なので、来シーズンの課題、ということになりました。

2008年03月22日 伯耆大山と周辺 コメント:6

きもとさん、こんにちは。
溶けゆく雪を惜しむかのように精力的に活動なさってますね。
kinkachoはようやくの春の気配を楽しんでおります。梅は済んだので、桜でしょうか?その前に山菜天ぷらハイキングを楽しむ予定です。がんばって油を歩荷します。

2008年03月24日 kinkacho URL 編集

kinkachoさん、こんにちは。
最近は週末の天気が良いので、頑張ってまーす。
次の土曜日も晴れの予報なので、どこへ行こうか思案中。
ところで山菜ですか??
タラノメとヤマウルシを間違えないよう、気をつけて下さいね!

2008年03月24日 きもと URL 編集

おはようございます。。
いつもすごいな~って思いながら見させてもらっています(^^)
5枚目の写真なんて見てるだけでうわ~って感じです。
土曜日はいいお天気だったのですね。
日曜日に行ったのですが・・私が行くとやっぱり天気悪くて・・(^_^;)

2008年03月26日 ひめ URL 編集

ひめさん、こんにちは。
日曜日に大山だったのですね。
あんまり空模様が良くなかったので残念です。
ご覧のように土曜日はほぼ快晴、最高の天気だったのですが…。
ところで岩登りというのは、離れた位置からみると実際以上に高度感があるように見えますね。
5枚目の写真は自分でもびっくり、でも現場では目の前しか見ていないので、怖さとかはほとんど感じていないのです。

2008年03月26日 きもと URL 編集

今晩はShigeです。良い写真ですね、高度感があってぴりぴりしてきます。羨ましいです。やっと少し歩きだしましたが、まだまだすぐ腫れてしまいます。アキレスはなかなか手強いです。頑張ります。

2008年03月28日 Shige URL 編集

Shigeさん、こんにちは。
登攀の写真は、離れた位置から写すと高度感が出て迫力が増しますね~。
ところで怪我はまだまだなのですね。
でも必ず治る!と信じて、頑張ってください!
こちらの山仲間でも、以前アキレス腱を切ったという女性がいますが、今はまったく問題ないようです。
あせらずにリハビリ続ければ、きっと良くなることでしょう。

2008年03月31日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。