--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2006年11月28日

妙義山から見えた山々。

妙義山・石門巡りと中間道コースから見えた山々を紹介します。

白雲山
JR松井田駅より妙義神社方向へ歩いてゆく途中から見た、白雲山です。
手前の「大」の文字が描かれた大ノ字岩峰が目を引きます。

金洞山
これは確か石門付近から見た、金洞山だったと思います(はっきりしなくてすみません)。
妙義山の一般登山道のコースの中では、最悪の難しさと言われている辺りです。

金鶏山
中間道の第二見晴から見た金鶏山です。
白雲山や金洞山は表妙義の主稜線に位置していて標高も1000m以上あるのですが、こちらは標高800m台とやや低く主稜線からも外れた場所に位置しています。
しかし険しさでは引けをとらないと言えるでしょう。
ここは現在では一般登山者立ち入り禁止のエリアとなっています。

上の写真の右端の尖ったピークが筆頭ろうそく岩です。

筆頭岩
一本杉の峠から見上げた、筆頭岩です。
これも金鶏山の一端であり、一般登山者は立ち入り禁止なのですが、地元山岳会のクライマーの人たちにはたまに登られているようです。
IV級・2~3ピッチ程の登攀で上に立てるようですが、岩が脆く快適ではなさそうです。

第一見晴
中間道の第一見晴から見た景色です。
ここからは御荷鉾みかぼ山などが見えるそうですが、妙義山周辺の山々にはあまり詳しくないため、残念ながら特定できませんでした。

2006年11月28日 山々の写真 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。