--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2007年08月17日

氷ノ山西面・根安川支流ホウゼンザンの谷に行ってきました。

昨日は、氷ノ山西面を流れる、根安川右岸の支流・ホウゼンザンの谷に沢登りに行ってきました。

根安川右岸の支流・その1
出合から小滝が連続。

根安川右岸の支流・その2
小さな滝でも傾斜が強く、ロープを使用する箇所もありました。

根安川右岸の支流・その3
その後も小滝が連続し…。

根安川右岸の支流・その4
やがて大滝が出現!

根安川右岸の支流・その5
大滝は流水沿いを直登。
この沢自体が全く登られていない沢なので、支点は皆無。
リードは自分でピトンを打ちながら登っていきます。
(全て回収しました)

根安川右岸の支流・その6
その後も、ロープを使う大きな滝が続きます。

根安川右岸の支流・その7
最後の高差はあるけれど傾斜の緩い滝は、私もリードさせてもらいました。
(5年振りにピトンを打ちました)
この上は水量がかなり少なくなってきたため、下降することとしました。
下山は沢の左岸に見つけた踏み跡を辿って1時間程で取り付きに戻りました。

この沢は登られることが稀な沢だそうですが、直登できる滝が多くてとっても楽しい沢でした。
ルートグレード2級、ピッチグレードIV級で、私の登った関東の沢では西丹沢・中川川の悪沢に似た内容でした。
こんなに内容の濃い沢が、ほとんど手付かずでいるだなんて、山陰は凄い(!?)ところです。
鳥取県東部の氷ノ山、扇ノ山には同様の面白い沢が多いとのこと、はまってしまいそうです。

2007年08月17日 沢登り コメント:2

沢がいいに決まっていますよ。何が悲しくてくそ暑い稜線歩きをせねばならないのか…水に浸かりたい…来週は日帰りで金剛山の沢へ行ってきます。大峰の方が水の質も量もいいのですが、抜け出しでいつも泣きが入るので…無理です。いつも沢の帰りは疲労困ばいしているのですが、やめられません。

2007年08月20日 kinkacho URL 編集

この根安川支流に行ったときも大変暑い日でしたが、遡行中は涼しい…というよりもちょっと寒さを感じるほどでした。
金剛山、大峰…何だか楽しそう、がんばってくださいねー。
私も次の日曜日は、また沢の予定です。

2007年08月21日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。