--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年12月12日

展望の素晴らしい金甲山。

2013年2月に実施予定の、NHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」の下見で、瀬戸内海に近い岡山県玉野市の山を登ってきました。

展望の素晴らしい金甲山・その1
玉野市内の狭い道に迷い込んでしまい、少し遅い時間から登山スタート。
登山口にしては随分と騒々しい県道沿いから歩き始めて、まずは最初のピークである怒塚山(いかづかやま・332m)へ。
児玉湾の展望良いピークです。
空気が澄んだ日は大山(だいせん・1729m)も見えるということですが、この日はちょっと無理でした。

展望の素晴らしい金甲山・その2
怒塚山頂上から児玉湾と反対方向を見ると、今回のメインの目的の山・金甲山を望むことができました。
それにしても冬の瀬戸内というのは良い天気!
曇りや雪や雨の続く山陰とは、全く違います…。

展望の素晴らしい金甲山・その3
怒塚山からは大きく下って、そこから登り返して金毘羅宮の前へ。
このすぐ先で車道に合流し、あとは車道をたどって金甲山の頂上に向かいました。

展望の素晴らしい金甲山・その4
金甲山の頂上はアンテナが立ち、展望台もあって頂上としてはまあ俗っぽい味気ないところです。
しかし展望そのものは大変に素晴らしく、特に南面、瀬戸内海の多島美には眼を見張るものがありました。

展望の素晴らしい金甲山・その5
下山は近年整備されたという、みつがしわ新道へ。
湿っぽくて滑りやすい道を頑張って下ると、あとはのどかな溜池の脇を通って、のんびりと登山口に戻ることができました。
何だか独特の風情のある、とても良いコースだと思いました。

2012年12月12日 その他の山々 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。