--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年11月19日

水分峡から呉娑々宇山へ。

鳥取県米子市のお客様をご案内して、広島市近郊の山に行ってきました。

水分峡から呉娑々宇山へ・その1
今回は2座登る予定で、まず1座めの呉娑々宇山(ごさそうざん・682.2m)へ。
登山口は岩屋観音を経て頂上に向かう、水分峡からとしました。
歩き始めてすぐの、水分神社の背後にある大堰堤では紅葉が見頃を迎えていました。

水分峡から呉娑々宇山へ・その2
歩きやすい道から最後は岩場をかわすように歩き、岩屋観音峰の頂上へ。
新しい磨崖仏が祀られていました。
この一段下には古い磨崖仏もありました。

水分峡から呉娑々宇山へ・その3
岩屋観音峰からは一旦下り、簡単な岩場から高尾山(たかおやま・424.5m)に登って後は快適な尾根道を縦走。
水分峡コースと合流すると、間もなくバクチ岩の上に出ました。
瀬戸内海の展望が見事な、広くて気持ちの良い露岩です。

水分峡から呉娑々宇山へ・その4
最後は電波塔の施設を突っ切るように越えて、呉娑々宇山の頂上へ。
山陰にはあまりない、なかなか快適な歩きやすいコースです。
ここで小休止の後は、林道を4回横切る水分峡コースを歩いて水分峡に下山しました。

2012年11月19日 ガイド コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。