--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年10月15日

瓶ヶ森と氷見二千石原。

鳥取県米子市のお客様をご案内して、四国へ行ってきました。

瓶ヶ森と氷見二千石原・その1
目的地は石鎚山系。
初日は軽く、瓶ヶ森を目指しました。
登山口から登り始めると右手に見えてくる山稜の稜線近くに、横に延びる筋が見てとれます。
“UFOライン”の愛称を持つ瓶ヶ森林道で、我々もこの道を車で走ってやって来たのでした。

瓶ヶ森と氷見二千石原・その2
さらに登ると、背後にかかっていた雲が途切れて、石鎚山の頂上が姿を現しました。
翌日登る予定だったため、お客様も雄大な様子を見てテンションが上昇?

瓶ヶ森と氷見二千石原・その3
たどり着いた、瓶ヶ森の頂上。
登山口がかなり頂上近くに設けられているため、ゆっくり歩いてもここまで1時間少々と、軽いハイキングでした。

瓶ヶ森と氷見二千石原・その4
下山は氷見二千石原経由で登山口へ。
この美しい笹原が、かつての伊予国にあった氷見村の石高に相当する広さだったため、氷見二千石原と称されるようになったのだそうです。

さて下山後はもう少し車を走らせて、いつもお世話になっている土小屋の白石ロッジに宿泊し、名物の岩茸などのおいしい料理をいただきました。

2012年10月15日 ガイド コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。