--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年10月14日

みんなで作って育てる大山登山地図。

今年最後となる鳥取県立大山自然歴史館山岳情報調査の仕事で、宝珠尾根から三鈷峰に登り、大休峠まで縦走して川床まで歩いてきました。

みんなで作って育てる大山登山地図・その1
ところで今回は急遽、国土地理院による大山の登山道調査も兼ねて歩くことになりました。
みんなで作って育てる大山登山地図』として紹介されているもので、決して正確とは言えない地形図上の登山道を、地元登山者の協力の下に修正していこうという試みなのだそうです。
ということで出発前にはマニュアルを熟読し、指定のGPSを持って山に入ったのでした。
写真は中宝珠越の先、ルンゼ状の岩場を歩いているところ。
上方の見通しが悪いところですが、GPSはちゃんと軌跡を拾っているかな??

みんなで作って育てる大山登山地図・その2
たどり着いた三鈷峰の頂上。
曇りの空模様でしたが、視界はほどほどで、遠く弓浜半島も見渡すことができました。

みんなで作って育てる大山登山地図・その3
三鈷峰からはユートピア避難小屋を経て象ヶ鼻に登り、そこから振子山~野田ヶ山と縦走。
途中のハイライトはやっぱり親指ピーク。
不安定だった足場も安定してきて、2~3年前に比べるとずいぶんと通過しやすくなりました。

みんなで作って育てる大山登山地図・その4
ところでこれが、国土地理院より貸与された、指定のGPS。
最も国内で普及していると思われるGarmin製ではなく、Windows Mobileで動作するタイプ。
毎回必要となる起動時の初期設定が少々面倒なうえ、画面も大変に小さく、今後本格的な調査をする皆さんは、苦労されるのではないかと、ちょっと心配に思ってしまいました。

2012年10月14日 伯耆大山と周辺 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。