--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年10月07日

ガスが濃かった戸隠山。

体育の日を絡めた3連休は、仕事をお休みしてプライベートで山に行ってきました。

ガスが濃かった戸隠山・その1
行先は長野県の戸隠山(とがくしやま・1904m)。
蟻の戸渡りというナイフリッジの岩場があることで知られる山です。
登山口となる戸隠神社奥社には、このような詳細な案内板があって参考になりました。

ガスが濃かった戸隠山・その2
出だしの樹林の中の急登を過ぎて、百間長屋の岩壁下部を過ぎると、鎖場が断続します。

ガスが濃かった戸隠山・その3
なかにはけっこう長く、傾斜が強いものも!

ガスが濃かった戸隠山・その4
そしていよいよ、核心部である蟻の戸渡りへ。
慎重に馬乗りになって通過します…しかしこの日はガスが濃くて視界がなく、今一つ緊張感に欠ける状況だったのでした。
残念。。。

ガスが濃かった戸隠山・その5
八方睨で戸隠主稜線に出て、それをわずかに右にたどるとあんまり広くない戸隠山の頂上です。
辺りではちょっとだけ紅葉が始まっていました。

ガスが濃かった戸隠山・その6
戸隠山頂から東に進むと、東側が絶壁になったその際に登山道がつけられていました。
なかなか壮観で、面白いところです。

ガスが濃かった戸隠山・その7
アップダウンを繰り返し、一不動避難小屋に到着。
ここから稜線を離れて、戸隠牧場方面に下山しました。

ガスが濃かった戸隠山・その8
下山先の戸隠牧場は、何やら楽しげな雰囲気のところです。
子供たちが集まる一角があるので覗いてみると、そこは小動物のふれあい牧場になっていました。
さっそく茶色のミニウサギを捉まえて抱っこ!
最初は少し嫌そうにしていましたが、優しく揉んであげると気持ち良さそうに、いつまでも私の腕の中に収まっていました。
私はうさぎを揉む名人なのです。

2012年10月07日 その他の山々 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。