--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年08月26日

石鎚山南面の番匠谷。

鳥取県山岳協会による、指導員資格更新のための義務講習に参加してきました。
実施場所は石鎚山の南面を流れる番匠谷。
四国各県岳連のメンバーにご一緒いただき、とても楽しい沢登りとなりました。

120826-1.jpg
御来光の滝を展望する駐車場から、100mくらい土小屋に向かった左手の踏跡から沢筋に下ると、それが面河川。
しばらく遡行して、二俣を右に入ると目的の番匠谷です。
出だしからナメの釜の美しい渓相で、この先に期待が持てる雰囲気でした。

120826-2.jpg
序盤に現れるミニゴルジュ。
左岸をへつって突破します。
途中でボチャンしている人もいますが、このくらいだったら大丈夫!

120826-3.jpg
これは釜を泳いで、小滝に取り付いているところ。
一見大変そうですが、流れに突っ込むと良いスタンスがあるので、後は難なく登っていくことができました。

120826-4.jpg
中盤に現れる大滝です。
流水右手間際を直登しようと思いましたが、のっぺりしたフェースになって手がつけられず失敗。
結局左岸の踏跡をたどって高巻きました。

120826-5.jpg
その後もきれいなナメや小滝が続きます。
これは終盤で現れた、斜上するバンドから登る小滝の様子。
けっこう激しいシャワークライミングとなりました。

120826-6.jpg
最後はトンネルを潜り、真下から回り込んで石鎚スカイライン上へ。

番匠谷は極端な難しさはなく、手頃で美しいとても良い沢でした。
お世話いただいた徳島岳連、香川岳連の皆さん、本当にありがとうございました!

2012年08月26日 沢登り コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。