--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年08月09日

広河原から白根御池へ。

つい10日足らず前に、北岳(きただけ・3192.4m)から間ノ岳(あいのだけ・3189.3m)を経て、塩見岳(しおみだけ・3052m)を結ぶツアーに行ってきたばかりですが、今度は北岳と間ノ岳の2座を目指すことになりました。

大樺沢から白根御池へ・その1
今回のアプローチは西側から路線バスを乗り継ぐもの。
最初は仙流荘から南アルプス林道バスに乗って、北沢峠を目指します。
左手には荒々しい様子が印象的な、鋸岳(のこぎりだけ・2685m)の稜線が連なっていました。

大樺沢から白根御池へ・その2
北沢峠からは南アルプス市営バスに乗り換えて、広河原から登山スタート。
すぐ先の分岐は、先日は左に進んだのですが、今回は右へ。
目指すのは白根御池です。

大樺沢から白根御池へ・その3
急登はあるものの、まあかなり歩きやすい道をたどって、白根御池に到着。
白根御池小屋にチェックインし、一夜を過ごすことになりました。

大樺沢から白根御池へ・その4
ところでこれは、池の近くに立っていた石碑。
彫られているのは梵字で、阿弥陀如来を表す“キリーク”という文字です。
しかし何か妙??
よく見ると文字の刻み目の中では、たくさんのバッタの幼虫がくつろいでいるのでした。
居心地がいいのかな?
見ていて、ちょっと不思議な気分になりました。

2012年08月09日 ガイド コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。