--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年08月02日

残雪を踏んで双六池へ。

雲ノ平周回登山の2日目は、わさび平を出発して、まずは鏡平を目指しました。

残雪を踏んで双六池へ・その1
歩きやすい登山道をたどって到着した、鏡平。
鏡池からは雄大な感じで、槍ヶ岳(やりがたけ・3180m)の姿を望むことができました。

残雪を踏んで双六池へ・その2
鏡平からひと登りで、弓折乗越に到着。
ここから左に進むと抜戸岳(ぬけどだけ・2812.8m)を経て笠ヶ岳(かさがたけ・2897.5m)ですが、今回は右へ。
北アルプスの中心部に向けて進んでいきます。

残雪を踏んで双六池へ・その3
今年の日本アルプスは全般に残雪が非常に多く、弓折乗越から先でも雪を踏んで歩く場面がありました。
遠くに見えている山は、手前が鷲羽岳(わしばだけ・2924.2m)、左奥が水晶岳(すいしょうだけ・2986m)。

残雪を踏んで双六池へ・その4
さらに進んで、西鎌尾根の稜線すぐ手前に水を湛える、双六池に到着。
まだ時間は早かったのですが、今回は無理をしないスケジュール組みとなっていたので、この池の向こうに立つ双六小屋に入って、ゆっくりと体を休めました。

2012年08月02日 ガイド コメント:2

お天気が良さそうで羨ましいです^^
我が家も行ってきましたが2日目だけ晴れ晴れでした^^
1日目は新穂~双六まで登ったのでへとへとでした。

2012年08月18日 ぴょんたん URL 編集

ぴょんたんさん、おはようございます。
皆さん、お元気でしょうか?

北アルプス、天気が今ひとつだったのですね。
まあ山は、そういうこともありますよね。
レポート楽しみにしていますよ!

2012年08月18日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。