--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年07月30日

熊ノ平から塩見岳へ。

北岳(きただけ・3192.4m)から間ノ岳(あいのだけ・3189.3m)と縦走し、熊ノ平小屋で一夜を過ごした翌朝は、今回登るもう一つの3000m峰である、塩見岳(しおみだけ・3052m)を目指しました。

熊ノ平から塩見岳へ・その1
熊ノ平からしばらくは、歩きやすい樹林の中の尾根道が続きます。
私が駆け出しの頃に親しんだ奥秩父の縦走路のようで、とても雰囲気の良いところです。
しかし目指す塩見岳(右)は、まだまだ遠い…!

熊ノ平から塩見岳へ・その2
樹林の中をしばらく歩き、登りつめたピークが北荒川岳。
目の前から切れ落ちる崩落斜面が、インパクトのある景観を見せています。
ここまでくると、塩見岳もずいぶん間近に感じられるようになってきました。

熊ノ平から塩見岳へ・その3
北荒川岳からはなだらかな稜線を進み、やがて足元の不安定な急斜面を登って蝙蝠岳との分岐に出て、そこから尾根をたどって塩見岳の頂上となりました。
残念ながらやはりこの時間にはガスが上がってきており、展望はまったく得られませんでした。。
ところでこの塩見岳は東峰と西峰の二つのピークがあるのですが、写真は三角点のある西峰のほう。
けれども東峰のほうが標高は高く、約5mの差があるのでした。

熊ノ平から塩見岳へ・その4
塩見岳頂上から、思いのほか厳しい岩場やガレを下って、尾根上の小ピークの右より平坦地に立つ塩見小屋に到着。
途中、少しだけ雨に降られたりしたのですが、夕方には上がったので、小屋の近くを散策したりしながらのんびりと過ごしました。

2012年07月30日 ガイド コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。