--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年07月22日

再び白馬大雪渓へ。

北アルプスの白馬岳(しろうまだけ・2932.2m)から戻ったばかりですが、こんどは名古屋の旅行会社の仕事で、再び同じ白馬岳に向かうこととなりました。

再び白馬大雪渓へ・その1
登るコースは、やはり大雪渓から。
白馬尻のケルンのところでアイゼンを装着し、雪渓に取り付きます。

再び白馬大雪渓へ・その2
しかし白馬大雪渓は、その爽快なイメージとは裏腹に、実は落石の巣であってとても恐ろしいところなのです。
(過去には重大な事故が発生し、通行禁止措置も検討されたことがあるくらい)
今回はガスがかかって視界があまりないこともあり、途中の休憩は1回のみで、一気に通過させていただきました。

再び白馬大雪渓へ・その3
さらにその上の小雪渓も渡り、お花畑の辺りで小休止。
グリーンパトロールの方がホワイトボードに見ることのできる花の名前を書いて、解説をしてくださいました。

再び白馬大雪渓へ・その4
宿泊先である白馬山荘にチェックインし、お客様は空身になっていただいて、白馬岳頂上へ。
ガスがかかって展望はなかったのですが、翌日は晴天の見込みだったので、それに期待して山頂を後にしました。

2012年07月22日 ガイド コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。