--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年07月18日

明るい白馬大雪渓。

猿倉荘で一夜を過ごした翌朝、さっそく白馬大雪渓を目指しました。
明るい白馬大雪渓・その1
白馬尻を経て、ケルンのある辺りでアイゼンを着用して大雪渓へ。
天気は良くて周囲は明るく、爽快な気分で雪渓を登り詰めていきます。

明るい白馬大雪渓・その2
これは大雪渓の最上部の辺り。
爽快なコースではありますが、傾斜の強い部分もあり、また雪渓上に散らばる落石が、時おり音もなく滑り落ちてくるため、潜在的な危険度はかなり高いと言えるでしょう。
本当に要注意です。。

明るい白馬大雪渓・その3
大雪渓を過ぎてしばらく歩くと、こんどは小雪渓が現れるのですが、これは距離も短い容易なトラバースなので難なく通過。
その先のお花畑では、たくさんの高山植物が色とりどりの花を咲かせていました。

明るい白馬大雪渓・その4
さて程なく到着した白馬山荘では、スカイプラザで美味しいコーヒーを飲んだりしてゆっくり休憩。
そして夕食後には、雲は多いもののダイナミックさも感じる壮大な夕焼け空を目にすることができました。
この後は疲れを残さないよう、早めに布団に入ってゆっくりと休みました。

2012年07月18日 ガイド コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。