--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年05月24日

足場が安定してきた親指ピーク。

鳥取県立大山自然歴史館山岳情報調査で、川床から大休峠を経て、ユートピア方面に向かうコースを歩いてきました。

安定してきた親指ピーク・その1
大休峠からさらに野田ヶ山を越えた先から見た、大山方面。
大きな尾根の左奥が剣ヶ峰方面で、右が象ヶ鼻。
さらに右手に、ユートピア小屋も見えています。
ちょっと判りにくいですが、手前の小さな岩峰が親指ピークです。

安定してきた親指ピーク・その2
これは親指ピークを越えてから振り返ったところ。
以前は足元がブヨブヨのところを、グラグラする木に張られたフィックスロープを頼りに下っていたのですが、歩く人が増えたためでしょうか、今は足場が安定して随分と通過しやすくなっていました。

安定してきた親指ピーク・その3
これはコースの途中にあった、白花のショウジョウバカマ。
この近辺ではやや珍しいもののようです。

安定してきた親指ピーク・その4
順調に象ヶ鼻まで歩き、ユートピアから上宝珠越を経て下山は砂滑りへ。
今年は砂が少なく、すぐ下に固い雪があって例年よりも随分と歩きにくい状況でした。
通過する方は、十分な注意が必要かと思いました。

2012年05月24日 伯耆大山と周辺 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。