--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年05月18日

大神宮原から泉山へ。

NHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」で来月に登る予定の、東部中国山地の泉山(いずみがせん・1209.1m)の下見に行ってきました。

大神宮原から泉山へ・その1
泉山はたくさんのコースがある人気の山で、組み合わせに悩んだのですが、あまり時間がかからずに稜線に立てる、大神宮原からのものを選びました。
荒地になっている大神宮原左手の林道から山に向かい、今は土台しか残らない休憩舎の先の、壊れたゲートから登山道に入ります。

大神宮原から泉山へ・その2
この大神宮原コースは不人気なのでしょうか、出だしは笹の刈り払いがされていない箇所も多くて、ガサガサ音を立てて登って行きます。

大神宮原から泉山へ・その3
やがて植林の作業道を右に見送ると、道は次第に傾斜を増してきました。
最後はロープの張られた急斜面を登り詰めます。

大神宮原から泉山へ・その4
それでもそんなに時間もかからず、頂上南西に位置する中央峰(ちゅうおうほう・1198m)に到達。
あとはのんびりと稜線を歩いて、泉山の頂上でお昼ご飯としました。
この後はそのまま往路を引き返しましたが、登山教室の当日は、2年前に歩いて様子を知っている、笠菅峠のコースを下山路にする予定です。

関連エントリー:
角ヶ仙と泉山。 (2010年11月03日)

2012年05月18日 その他の山々 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。