--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年05月04日

雨に追われた北穂高岳。

北アルプス2日目は、いよいよ目的の北穂高岳(きたほだかだけ・3106m)登頂です。
当初は東稜から登ろうか?との案もあったのですが、天候が微妙ということもあって、無理のない北穂沢(残雪期の一般コース)からのピストンとしました。

雨に追われた北穂高岳・その1
起床は2時、3時55分にはヘッドランプを点してテントを出発!
天候が不安だったのですが、出発時には雲が切れ、星がまたたく状況に。
我々の前には、単独の方が1名登っているのみでした。

雨に追われた北穂高岳・その2
しばらく登ると明るくなって、涸沢カールの向こうには美しい北尾根を延ばす前穂高岳(まえほだかだけ・3090.2m)の頂上も見えてきました。

雨に追われた北穂高岳・その3
ところがその後、天候は急速に悪化。
周囲はガスに包まれ、小雨が落ちる空模様に変わってしまったのです。。

雨に追われた北穂高岳・その4
それでも頑張って、北穂高岳頂上に到着。

雨に追われた北穂高岳・その5
頂上すぐ下にある北穂高小屋に入って、美味しいコーヒーもいただきました。

雨に追われた北穂高岳・その6
45分も北穂高小屋でゆっくりし、下山にかかる頃には少しずつ雨も強さを増してきているようでした。
大行列で登ってくる登山者を横目に、尻セード交じりで一気に下山。
その後も雨に追い立てられるようにしてテントを撤収し、徳沢キャンプ場まで下って一夜を明かしました。

2012年05月04日 その他の山々 コメント:2

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012年05月13日 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012年05月18日 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。