--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年04月28日

暑かった三瓶山。

旅行会社の仕事で、島根県中部の三瓶山(さんべさん・1125.9m)へ行ってきました。

暑かった三瓶山・その1
登山スタートは東の原から。
観光リフトは利用せず、左手の登山道を登ってまずは最初のピークである、大平山(おおひらやま・854m)へ。
正面には子三瓶山(こさんべさん・961m)、左手には孫三瓶山(まごさんべさん・903m)、そしてその2つのピークの間に見えているのは大江高山(おおえたかやま・808.8m)でしょう。
さらに写真の右手には、大きな男三瓶山(おさんべさん・1125.9m)もそびえていました。

暑かった三瓶山・その2
大平山からは女三瓶山(めさんべさん・953m)に登って、男三瓶山方面へ。
途中の兜山(かぶとやま・981m)ですれ違った下山する方に、
「この先で滑落事故があったから気をつけて」
と声をかけられました。
?…滑落事故??
さらに登ってユートピアと呼ばれる小平坦地に差し掛かると、防災ヘリコプターが!
ただならぬ雰囲気を感じたため、お客様はその場で待っていただき、私一人現場に急行。
事故者は防災ヘリにピックアップされたのですが、斜面に散乱したカメラや帽子、その他の物品を回収し、同行の方に手渡しました。
(残念ながら、事故者は搬送先の病院で亡くなったことが確認されたそうです…)

暑かった三瓶山・その3
防災ヘリコプターが飛び去ったところで、登山続行。
滑落事故のあった犬戻しを慎重に通過すれば、あとはわずかな登りで絶景の広がる男三瓶山頂上です。

暑かった三瓶山・その4
下山は西の原へ。
浮布池を見ながら急斜面を下っていくのですが、けっこうな暑さだということもあって、疲労感が高まってくるところ。
それでも無事に歩ききって下山。
予定よりも遅れた我々を心配していたバスに乗車し、帰路についたのでした。

2012年04月28日 ガイド コメント:1

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012年05月04日 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。