--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年04月25日

幡屋三山周回。

少し考えるところがあって、島根県の宍道湖に近い幡屋三山に行ってきました。
西から丸倉山(まくらやま・372m)、大平山(おおひらやま・410m)、八重山(はちじゅうさん・407m)と連なる、低山というか、里山です。

幡屋三山周回・その1
玉造温泉から南に向かい、幡屋集落から幡屋川沿いの農道を登ると丸倉山の登山口の入り口。
(登山口はここから500mくらい入ったところ)
「眺望絶佳」との記述がありますが…ん~、どうかな?

幡屋三山周回・その2
よく手入れされた山道を登り、無粋な林道を渡って急登を登り詰めると、その丸倉山の頂上です。
問題の眺望は…ほとんどありません。。
これだけ木立に囲まれていたら、ちょっと眺望は無理…。
それでも一段下の平坦地からは、中国山地方面の視界が開けていました。

幡屋三山周回・その3
丸倉山頂上からは南東に急な尾根を下り、不思議な感じの小沢を渡ると林道にぶつかります。
その林道を東に進むと間もなく、大平山登山口が現れるのでそれを登りつめます。
やがて明るい尾根道に出て、小ピークを一つ越えると大平山の頂上。
ただしここは登山道の脇に標識が立っている感じで、あんまり頂上らしくありませんでした。
ちなみに標識の背後には宍道湖が見えているのですが、黄砂の影響でぼんやりしてしまって、はっきりと写すことができませんでした。

幡屋三山周回・その4
大平山のすぐ先でまた林道にぶつかり、左手に向かうと八重山の登り口が現れ、それをひと登りで頂上に到着。
一番高いところには地蔵堂があるのですが、その向こうの北側はちょっとした展望所となっていました。
しかしやはり、黄砂のために景色はほとんど何も見えませんでした。。

幡屋三山周回・その5
下山は大平山との鞍部まで林道を引き返し、あとは大平山から丸倉山の南斜面に続く、林道をたどって登山口へと戻ります。
途中の小ピーク・小丸倉山には展望台が設置されていて、遠く仏経山(ぶっきょうさん・366m)を望むことができました。

今回登った幡屋三山、いい山なのですが人の手が加わり過ぎているかも??
でも標高400m前後の低山は、手入れをしないとあっという間に草ぼうぼうになってしまい、まったく登れなくなってしまうので、このくらい頑張って手を加えたほうが、もしかしたら良いのかもしれません。
ちょっと変わった雰囲気の、それなりに楽しめる山歩きとなった一日でした。

2012年04月25日 その他の山々 コメント:1

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012年05月15日 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。