--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年04月12日

出雲北山高尾山。

NHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」の2012年度第1回目として、島根半島の出雲北山最西端に位置する高尾山(たかおさん・357.7m)に行ってきました。

出雲北山高尾山・その1
日御碕に近い登山口から、宇龍港へ続く峠を経てなだらかな山道を進むと、コンクリートの建物の残骸が現れてその先の小高い台座の上が高尾山の頂上となります。

出雲北山高尾山・その2
高尾山頂上からは北西方面の展望が広がります。
左の白い灯台の立つ半島が日御碕。
右手の半島はのろの洞窟という海蝕洞で知られる、桁掛半島です。

出雲北山高尾山・その3
峠まで引き返し、宇龍港へ下山。
下見の時は波が荒くてここから引き返したのですが、今回は海は穏やかだったため、“おわし波うち通り”と名付けれられた海岸沿いの遊歩道を歩いて、日御碕に向かいました。

出雲北山高尾山・その4
日御碕では思い思いの場所でお昼ご飯。
私は食事中にフラフラとあちこち散策していたら、手にしていたコロッケパンのコロッケだけ、背後から近付いてきたトンビに持っていかれてしまいました。
ショック!です。。

その後はご希望の方のみ、日御碕灯台に登って展望を楽しんでいただきました。
(私は下で荷物番をしていました)
今回は山歩きとしてはごく軽いものでしたが、海岸の散策も楽しむこともできる、変化に富んだ面白いコースとなりました。

2012年04月12日 ガイド コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。