--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2007年05月05日

皆ヶ山に行ってきました。

今日は岡山県の皆ヶ山(みながせん・1159m)に行ってきました。

皆ヶ山は鏡ヶ成の東、擬宝珠山・象山から蒜山に続く稜線の、中間辺りにある山です。
それほど知名度は高くないと思うのですが、かつては鳥取県や岡山県の国体のコースとして使われた、由緒正しき山なのだそうです。

皆ヶ山・その1
休暇村蒜山高原の近く、蒜山高原キャンプ場に向かう道の入り口から見た皆ヶ山です。

皆ヶ山・その2
蒜山高原キャンプ場の一番奥に並んでいる、水タンクのところから登山道は始まります。
コースのほとんどは、この写真のような気持ちの良い自然林の中を登っていきます。

皆ヶ山・その3
コース上の、皆ヶ山のやや手前にある二俣山のピーク。
南側が開けていて、展望良好でした。

皆ヶ山・その4
二俣山のやや先から見上げた、皆ヶ山の頂上です。
頂上までずっと、きれいな自然林に覆われています。

皆ヶ山・その5
皆ヶ山の山頂から見た蒜山です。
昭文社の山と高原地図では、皆ヶ山の頂上は展望皆無と書かれていますが、伯耆大山は見えないものの蒜山方面はよく見えました。

この後はかつての国体コースを辿ろうと思い、山頂のやや北寄りから東西に伸びる尾根にコースの痕跡を探してみました。
しかし所々テープは見えるものの、踏跡らしきものは見つからず、背丈を越える笹薮に辟易して、結局は往路をそのまま引き返しました。

2007年05月05日 伯耆大山と周辺 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。