--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年04月04日

高尾山と大波の日御碕。

翌週に実施予定のNHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」の下見で、島根半島最西端の高尾山(たかおさん・357.7m)に行ってきました。

高尾山と大波の日御碕・その1
県道29号を日御碕に向かい、中山のバス停手前で鷺浦に向かう道に入り、ループ橋を過ぎた先が高尾山の登山口。
人家の下と上の、2ヶ所登山口があるのですが、上のほうから山に入ってみることにしました。

高尾山と大波の日御碕・その2
荒れた道をたどって注連縄の掛かる峠に登り、それから稜線右手を進むようにしてなだらかな山道を進めば、高尾山の頂上に到着。
眼下には日御碕の灯台を望むことができました。
写真手前に写っているコンクリートは、旧日本海軍が設置した、高射砲の台座なのだそうです。

高尾山と大波の日御碕・その3
下山は一旦注連縄の掛かる峠まで戻って、北に向かう小道を歩いて宇龍港へ。
権現島と防波堤に守られた港内は穏やかでしたが、外海は猛烈な時化の状況。
本当はここから遊歩道を歩いて日御碕まで行きたかったのですが、危険なため中止。
峠に引き返して、車に戻ることにしました。

高尾山と大波の日御碕・その4
帰りは下の登山口へ。
こちらのほうが歩きやすい道となっていました。

高尾山と大波の日御碕・その5
さてその後は、車に乗って日御碕へ移動し、周辺を散策。
とにかく風が強く、猛烈な波が立っていて、物凄い雰囲気です。
しかしこんな風の強さでも、天気そのものは晴れているためでしょう、思いのほか観光に来ている方が多く、みんな大波を目にして、とてもびっくりしている様子でした。

2012年04月04日 その他の山々 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。