--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年04月02日

雑誌『山と渓谷』と『岳人』の2012年4月号。

またまた紹介が遅くなってしまいましたが、今月号の雑誌『山と渓谷』にも、1ページ記事を書かせていただいております。

雑誌『山と渓谷』の2012年4月号。
全国隠れ名山」という欄の4つ目、P224の那岐山(なぎさん・1255m)のコースガイドを、私が担当。
4月下旬にイワウチワの花が咲く、鳥取県側コースを取り上げたものです。
ぜひお手にとって、ご覧いただければと思います。

雑誌『<strong>岳人</strong>』の2012年4月号。
もう一方の雑誌『岳人』では、私ではないのですが、親しい友人・知人の記事が複数掲載されているので紹介させてください。
一つめが、第2特集「雪山道具のメンテナンス」のP72~75に渡っての澤田実さんの道具部屋の記事。
二つめが同じ特集の続き、P76~80に渡っての笹原芳樹さんのメンテナンスの実際についての解説。
澤田さんも笹原さんも、東京都山岳連盟で海外委員をしている仲間(私も鳥取県在住ながら、今も都岳連海外委員)。
普段は一緒に酒を飲んでばかりなのですが、こうやって雑誌に大きく取り上げられると、二人とも随分と立派に見えますね!
ちなみに澤田さんも笹原さんも、登山用品専門店『カモシカスポーツ』の店員です。
高田馬場にある山の店・本店に行けば、二人の丁寧なアドバイスを受けつつお買い物ができることと思いますので、山道具の購入予定のある方は、ぜひ足を運んでみてください。

そして三つめは、「登山クロニクル」P143~146に渡って、モンブラン山群のレ・クルト(3856m)北壁中央側稜単独登攀の報告。
書いているのは仙石淳さん、私の仕事仲間です。
手に汗握る、単独でのクライミングの報告は、読み応えたっぷりです!

最後に四つめは、P164~173に渡る「アメリカ合衆国の名峰4座への招待[1]」というもので、グランド・ティトン(4197m)とロングス・ピーク(4345m)という山のコースガイド。
書いているのは私のガイドの先輩であり、所属するClimbing Club ZOOの代表でもある安村淳さん。
これまであまり知られていなかった山のコースガイドで大変に貴重なものですし、杢代新一さんによる写真も大変に美しいものです。

ということで、『岳人』のほうもぜひ手に取って、ご購入いただければと思いますので、よろしくお願いいたします。

Amazonへのリンク:
山と渓谷 2012年 04月号 [雑誌]
岳人 2012年 04月号 [雑誌]

2012年04月02日 山の本や雑誌 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。