--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年03月30日

春の初めの雨乞山。

お客様をご案内して、岡山県湯原温泉の裏手にそびえる、雨乞山(あまごいせん・889.3m)に行ってきました。

春の初めの雨乞山・その1
下湯原温泉のひまわり館の奥からしばらく車で入り、駐車スペースのある地点から登山スタート。
出だしは伐採作業用の道が左右に分かれていますが、迷うことのないよう、しっかりと標識が設置されており安心です。

春の初めの雨乞山・その2
作業道を30分余りも登ると伐採斜面も終わり、しばらく樹林の中を進むようになります。

春の初めの雨乞山・その3
防災無線用の大きな反射板の立つ小ピークを越えて、登り返すと明るく刈り払いのされた展望台へ。
向こうに見えるのが雨乞山の頂上です。

春の初めの雨乞山・その4
展望台から30分程で到着した、雨乞山の頂上。
この山の標識のいくつかには、なぜかくまのプーさんが描かれていて楽しい感じ?
頂上は大変に風が強かったため、少し下った風の当たらないところでゆっくりと昼食をとり、往路を引き返して下山しました。

2012年03月30日 ガイド コメント:2

きもとさん、こんにちは。
雨乞山、これも一度行ってみたい山です。
名前が前から気になっていたんです。
昔、山頂で雨乞いの行事をやったんですかね?
そんな言い伝えはありませんか?

2012年04月05日 kinkacho URL 編集

kinkachoさん、こんばんは。
ご指摘の通り、ここはかつて干ばつの際に、山頂で雨乞いが行われた山なのだそうです。
展望の良い、明るくて登りやすい山ですよ。
機会があればぜひ足を運んでみてくださいね。

2012年04月08日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。