--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年03月28日

荘内半島紫雲出山と八十八ヶ所巡り。

今回の四国訪問3日目(最終日)は、香川県の北西に突き出た荘内半島の、紫雲出山(しうでやま・352.4m)に向かいました。
桜やアジサイの花が咲く景勝地として知られ、山頂まで車道が通じている山なのですが、海辺に近い山麓から歩く登山道も整備されており、様々な楽しみ方ができるところです。

荘内半島紫雲出山・その1
観音寺市から荘内半島西側海岸沿いの道を車で走って三豊市まで行き、非常に道の狭い大浜集落内の、荘内自然休養村センター脇が登山口。
出だしは住宅の間から細い車道を歩き、どん詰まりの堰堤を高巻いて浅い沢の左岸沿いの登山道を進んでいきます。

荘内半島紫雲出山・その2
けれども良い雰囲気で登山道を進んで行くと、突然大きな車道が出現!
トボトボとそれをたどると、山頂やや下の大きな駐車場へ。
その先は一応ゲートはあるけれども、車も通れる舗装路を進み、紫雲出山の頂上へと到着です。
山頂の展望台下には桜の木がたくさんあって、例年3月下旬には花が咲くそうですが、今年はまだまだ。
山頂直下にある紫雲出山遺跡館の方に話を伺ったところ、見頃を迎えるのは4月10日過ぎではないだろうか?とのことでした。
そしてこの写真の中央から左に突き出ている岬が、荘内半島突端となります。
頂上からこのまま、その突端に立つ讃岐三崎灯台まで歩いてみることにしました。

荘内半島紫雲出山・その3
急な階段を下って、一旦傾斜の緩む展望地からさらに下ると箱峠。
ここで一度車道を横切って、さらに向こう側の山道を進んで行きます。

荘内半島紫雲出山・その4
もう一度大きな車道を横切り、そこから細い車道をたどって室浜の海岸に出て、その奥で再度山道に入って進むと、ようやく灯台に到着です。
思ったよりも長かった?
前日の佐田岬灯台に比べると小ぢんまりした、四角くてあんまり灯台らしくない灯台でした。
ここからは往路を少しだけ引き返し、糸の越集落へ。
そこからバスに乗って大浜に戻ろうと思ったのですが…糸の越まで行ってみると、何と大規模な道路拡幅工事の真っ最中でバスには乗れないとのこと。
やむを得ずそこから舗装道路を2時間歩いたのですが、妙に長く感じてくたびれました…。
それでもまあ、登山としては変則的でしたが、自然を巡るウォーキングコースと考えると、今回のコースは変化に富んだとても面白いものではないかと感じました。

四国八十八ヶ所第69番観音寺
ところでこの日は、山に入る前に少しでも四国八十八ヶ所を巡ろうと考え、登山口に近い観音寺市内の第69番観音寺に足を運んだのでした。
ここは境内左手に第68番神惠院も併設されており、一度で二つの八十八ヶ所にお参りすることのできる効率的なお寺です。
本当は下山してからも少しお参りを、とも考えていたのですが、時間切れでそれはできませんでした。
これで今回の四国でのスケジュールはすべて完了し、高速道路を走って米子へと戻りました。

2012年03月28日 その他の山々 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。