--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年03月08日

展望良かった1180mピーク。

NHK文化センター米子教室の「ゆっくり歩く登山教室」で、中国地方第3位の高さを持つ烏ヶ山(からすがせん・1448m)のやや南に位置する、1180mピークに登ってきました。

展望良かった1180mピーク・その1
烏ヶ山展望駐車場から北に向かって雪の上を歩くこのコースは、冬芽の観察に適しています。
ヤマハンノキやリョウブ、コナラやウリハダカエデなどを観察しながら進みましたが、地味な?冬芽の中で特に目立つのはこれ、トチノキです。
大振りでテカテカしていますが、それは水飴状の樹液を分泌しているから。
触るとネバネバして、ちょっと面白い感じでなのです。

展望良かった1180mピーク・その2
1時間余り歩いて、樹齢400年とされる巨大ブナに到着。
去年も見た方が多いためか、感動は今ひとつ…かな??

展望良かった1180mピーク・その3
さて巨大ブナからさらに登って稜線を目指し、そこから左手に進んで、目的の1180mピークに到着です。
おとといの下見の時はガスで何にも見えなかったのですが、今回は気温が高くて霞がかかっているものの周囲をぐるりと見渡すことができました。

展望良かった1180mピーク・その4
背後を振り返ると、大きく見える烏ヶ山が、覆いかぶさるようにそびえ立っていました。
1時間半ばかりの登りで雄大な山岳展望を楽しむことのできた、とても楽しいスノーシューハイキングでした。

Amazonへのリンク:
冬芽ハンドブック
(↑私が活用している冬芽の図鑑。とても解りやすく記述されています)

2012年03月08日 ガイド コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。