--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年03月06日

ウロの開いた巨大ブナ。

今日はあさって実施する、NHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」の下見で、烏ヶ山(からすがせん・1448m)のやや南に位置する、1180mピークに登ってきました。

ウロの開いた巨大ブナ・その1
烏ヶ山展望駐車場から、ゆっくり登って1時間15分で、推定樹齢400年とされる巨大ブナに到着。
江戸時代の初め頃から生えている?ブナの木です。

ウロの開いた巨大ブナ・その2
けれどもブナというのは、あまり強くない木なのだそうです。
この巨大ブナも、背後に回り込むと大きなウロが開いていました。

ウロの開いた巨大ブナ・その3
そのウロを覗き込むと、中には大きなつららが下がっていました。
こんな感じで冬につららができたり、夏に虫がついたりすると、だんだんと木も弱ってくるのでしょう。
この巨大ブナも、果たしていつまで見ることができるのかな?と、ちょっと心配になってしまいました…。

ウロの開いた巨大ブナ・その4
巨大ブナからさらに登り、反対側に蛇谷の切れ落ちる尾根を左(南)にたどると、目標の1180mピークに到着です。
今回は濃いガスのため展望はありませんでしたが、あさっての登山教室実施日は予報では天気が良さそう。
鏡ヶ成や南大山の大展望に期待したいと思います。

2012年03月06日 伯耆大山と周辺 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。