--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年03月03日

時の流れを感じる鎌倉寺山。

地元のお客様をご案内して、広島市郊外の鎌倉寺山(かまくらじやま・610m)に行ってきました。

時の流れを感じる鎌倉寺山・その1
中国自動車道を三次ICで降りて、JR芸備線沿いに県道37号を南下。
志和口駅近くで東に入り、牛岩集落やや下の駐車場に車を泊めて登山スタート。
出だしは赤土の急登が続きますが、写真の馬の背の上の平坦地でほっと一息。
この馬の背は岩稜沿いに登れるみたいですが、今回は無理をせず右から巻きました。

時の流れを感じる鎌倉寺山・その2
牛岩集落の下から登る鎌倉寺山の南西尾根は、アップダウンの多い変化に富んだコースです。
南峰、十畳岩、槍ヶ峰、権兵衛山と次々とピークを越えて進みます。
岩場のアップダウンも多く、思いのほか手応えを感じる登りです。

時の流れを感じる鎌倉寺山・その3
それでも右下には、棚田の美しい箱庭みたいな牛岩集落を終始望むことができて、気持ちを和らげてくれました。

時の流れを感じる鎌倉寺山・その4
木立に囲まれた鎌倉寺山頂上から、東側に少しだけ下ってかつての鎌倉寺の跡も見学しました。
今では写真に写っているような、古い五輪塔や石仏が残るだけの寂しい場所。
しかし江戸時代には観音霊場の札所として、訪れる信者の方も少なくなかったのだそうです。
それがせいぜい300年程度で、このようにほとんど何も残らない、荒れた場所になってしまうとは…。
何だかちょっとだけ切ない、時の流れのはかなさを感じ取った、今回の山行となりました。

2012年03月03日 ガイド コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。