--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年02月26日

地吹雪に見まわれた富士山。

諸般の事情により、厳冬期に登ることになった富士山(ふじさん・3775.6m)登山の2日目は、いよいよ登頂日です。

地吹雪に見まわれた富士山・その1
本当は佐藤小屋を5時に出る予定でしたが、その時点で五合目でも大変に風が強かったので1時間延期。
6時に出発し、六角堂を過ぎて六合目へ。
雪のない箇所は地面ではなく、完全に氷となっていました。

地吹雪に見まわれた富士山・その2
七合目に向かう途中から見上げた、吉田口登山道の様子。
山小屋が点々と連なっていますが、雪に覆われて非常に寒々しい様子です。

地吹雪に見まわれた富士山・その3
そして八合目(本八合とか元祖八合とか、たくさん小屋があります)を過ぎ、八合五勺も過ぎるといよいよ頂上が間近に迫ってきました。
この写真中央の鳥居は九合目。
右上にはちょっとだけ、吉田口頂上の鳥居も見えています。
しかし冬の富士山はここからが核心部!
地吹雪や小規模な竜巻(大規模なつむじ風?)の中を、バランスをくずさないようじわじわと登ります。
風速は最大で25mくらいではなかったかと思います。

地吹雪に見まわれた富士山・その4
やがてたどり着いた、吉田口頂上。
できれば最高地点である剣ヶ峰(けんがみね・3775.6m)まで行ければ、との話もあったのですが、そちらは時間的に無理な状況でした。
この後は慎重に往路を下降。
何とかヘッドランプを使わずに済む時間に、佐藤小屋まで戻ることができました。
今回は厳冬期とはいいつつも、状態は春に近いようにも感じました。
それでも2月の富士山頂に立つことができて(今まで冬は12月しか登ったことがありませんでした)、とても充実した登山となりました。

2012年02月26日 その他の山々 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。