--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年02月18日

第50回海外登山技術研究会。

今年も鳥取県山岳協会の海外委員として、日本山岳協会国際委員会主催の、海外登山技術研究会に参加してきました。
通称“海登研”と呼ばれるこの研究会ですが、今年で実施50回目ということになるのだそうです。
改めて考えてみると、私が生まれる前から実施されていたのですね~。

第50回海外登山技術研究会
今回の内容はまず、「GIRI GIRI BOYSウルタルII峰登山隊2011」、「彩の国 マナスル登山隊2011」、「信高山岳会ヤズィックアグル峰登山隊」と、昨年実施された海外登山の中から選ばれた、3隊からの報告が行われました。
続いて沖允人さんによる「東部カラコルムとラダック、最近の登山」、および池田常道さんによる「2011年主な海外登山状況」という海外登山を取り巻く最新情報の報告。
そして最後に医療講演として、堀井昌子医師による「高所登山における医療」というテーマのお話しで締めくくられました。

ところで今回は会場の都合で開始が11時15分、終了が16時と時間が短く、また休憩もほとんどなくて少々慌ただしい感じもありました。
それでも山岳のエキスパートの皆さんのお話を聞くことのできる貴重な場であり、時間は短くても例年通りの手応えのある、良い研究会だったと思いました。

2012年02月18日 登山の話題 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。