--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年02月11日

2年ぶりの西日本氷雪技術研修会。

日本山岳協会による、平成23年度西日本氷雪技術研修会に参加してきました。
会場は地元である大山(だいせん・1729m)の登山口付近。
この氷雪技術研修会は昨年度は用事があって参加できなかったため、2年ぶりということになります。

2年ぶりの西日本氷雪技術研修会・その1
午前中の机上講習の後、午後は南光河原の奥の斜面に移動して、実技講習となりました。

2年ぶりの西日本氷雪技術研修会・その2
まずは交代で斜面を尻セードで滑り降り、滑落用のスロープを作成。

2年ぶりの西日本氷雪技術研修会・その3
私は指導員資格を持っている組の講習に加わり、歩行技術や滑落停止技術を効果的に指導するポイントなどを教えていただきました。

2年ぶりの西日本氷雪技術研修会・その4
続けて、スタンディングアックスビレイからの自己脱出方法を練習。
スタンディングアックスビレイは不安定な雪面で、満足なアンカーもとれない状況で行う確保方法であり、相手がロープにぶら下がってしまった場合には、その後の対応にはかなりの困難を要するということを再確認しました。

2012年02月11日 登山の話題 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。