--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年02月04日

厳冬期の毛無山へ。

しつこい寒波も一休み?の様子。
その寒波の合間を縫って、スノーシューを履いて毛無山(けなしやま・1218.4m)に登ってきました。
ちなみに中国山地には毛無山はたくさんありますが、今回登ったのは鳥取-岡山県境の、春のカタクリの花で人気がある毛無山です。

厳冬期の毛無山へ・その1
慎重に雪道を車で走り、田浪から登山スタート。
トレースはなく、先行パーティーがラッセルしながら進んでいる状況でした。
けれどもその先行は、急登を避けてか恐ろしげな雪面の下を進む、谷筋へ向かっていたのでした。
ちょっと我々はそのラインは歩く気がせず、右手の尾根を自分たちでラッセルして登ることにしました。

厳冬期の毛無山へ・その2
夏の登山道は五合目の辺りで尾根を離れ、左手の沢筋をからんで進むのですが、今回はそれも避けて尾根を直上。
たぶん七合目辺りで再度登山道に合流し(雪が深くて道はまったく解らないのですが)、あとは気持ちの良いブナ林の中をゆっくりと登っていきました。

厳冬期の毛無山へ・その3
やがてあずまやの立つ九合目に到着。
ここでお昼ごはんを食べて、頂上へ向けて最後のひと頑張りです。

厳冬期の毛無山へ・その4
頂上直下には大きな雪庇ができており、右手に半分崩れかかったように長いクラックが生じている状況でした。
それを嫌って左手の木立の中を、腰までズブズブ潜りながら通過して、毛無山の頂上に到着です。
本当はここから西毛無を回って下山する考えだったのですが、視界なく、風強く、雪も深いので無理はしないことに。
往路をそのまま一気に引き返して、田浪へと下山しました。
今回は思いの外天候が悪くて気温も低く、行程は短かったのですが厳冬期の気分を味わった登山となりました。

2012年02月04日 その他の山々 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。