--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年01月21日

雪の三瓶山と埋没林公園。

岳獅会の仲間と一緒に、雪の三瓶山(さんべさん・1125.9m)を登りに行ってきました。

雪の三瓶山・その1
三瓶青少年交流の家まで車で入り、そこから姫逃池コースに向かって男三瓶山頂上を目指します。

雪の三瓶山・その2
東屋の先の急登を過ぎて、大きな沢を右へトラバースするところ。
前日までここら辺でも雨が降ったようで、雪の状態はまるで残雪期のようでした。

雪の三瓶山・その3
標高950mの標識を過ぎた先では、地面が出ている箇所もありました。

雪の三瓶山・その4
それでも頂上近くなってくると、厳冬期の様相です。
美しい霧氷のトンネルを潜って進んでいきます。

雪の三瓶山・その5
たどり着いた、男三瓶山の頂上。
ガスが濃く、何も景色は見えませんでした。

雪の三瓶山・その6
男三瓶山からは室内池方面に下る予定でしたが、風強く、視界もなく、下るラインの判断に時間がかかると考えて無理せず中止にしました。

雪の三瓶山・その7
男三瓶山頂上に引き返し、建て直されて間もない山頂小屋で昼食をとりました。
この後は登ってきた姫逃池コースを、尻セードを交えて一気に下山。

埋没林公園・その1
予定より早く下山したため、三瓶小豆原埋没林公園に立ち寄ってみることになりました。

埋没林公園・その2
ここは4000年前の三瓶山の噴火の際に、土石流で埋められた樹林が原型を留めたまま残っている場所。
本来は田んぼにする予定だった土地なのだそうですが、貴重なものであるため、このような立派な施設を作って見学できるようにしたのだそうです。

埋没林公園・その3
地底林を見学する建物の隣には、地下深くにある木の根を観察できる建物も。
螺旋階段をぐるぐると下っての見学は不思議な感じがして、思った以上に面白く満足度の高いものでした。

2012年01月21日 その他の山々 コメント:2

こんばんは^^

男三瓶山。
急な登りの印象が強いです。
雪の山頂の写真。別世界のようです。
晴れて空気が澄んでいたらきれいだろうなぁ^^

PS
土曜日、お世話になります^^
よろしくおねがいします。

2012年01月26日 ぴょんたん URL 編集

ぴょんたんさん、こんにちは。
男三瓶山はどこから登っても急登箇所があり、ちょっとくたびれる山ですね。
晴れれば日本海を望む絶景なのですが…私もこの山の山頂では、なかなかそういう景色に巡り合うことは少ないです…。

ところでぴょんたんさんは、明日お申し込みいただいた方なのですね!
ブログ拝見しましたが、あちこち登っておられてとっても元気なご家族ですね。
お目にかかれることを楽しみにしておりますので、よろしくお願いいたします。
しっかりとご案内します!

2012年01月27日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。