--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2012年01月18日

晴れて暖かだった那岐山。

高気圧がはり出してくるタイミングを狙って、東部中国山地の那岐山(なぎさん・1255m)を登りに行ってきました。

晴れて暖かだった那岐山・その1
コースは岡山県側から。
一番人気のCコースを登路に選びました。

晴れて暖かだった那岐山・その2
ある程度はラッセルになるか?との心配もありましたが、那岐山は地元の方で毎日に近いくらいの頻度で登る人もいるような山。
我々が歩き出す頃にはしっかりとしたトレースができており、難なく大神岩まで到着。
所要時間も1時間半足らずで、夏とまったく変わりません。
大神岩からは、日本原高原の広々とした景色を望むことができました。

晴れて暖かだった那岐山・その3
さらに1071mのピークを過ぎて、三角点峰直下の登りへ。
ここら辺まで来ると、登山道からも背後の景色が見渡せるようになり、なかなか爽快な気分です。

晴れて暖かだった那岐山・その4
三角点峰から見た、那岐山の頂上。

晴れて暖かだった那岐山・その5
避難小屋でお昼ごはんを食べた後、いよいよ最後の登りへ。

晴れて暖かだった那岐山・その6
たどり着いた那岐山の頂上。
あんまり雪は多くないように思いましたが、それでも標識はこの位まで雪に隠れていました。

晴れて暖かだった那岐山・その7
北東の方向遠くには、氷ノ山(ひょうのせん・1509.8m)の姿が見えていました。
この写真左手の、白く見えるピークの一番高いところです。

晴れて暖かだった那岐山・その8
さらに西を見ると、遠くに大山(だいせん・1729m)も見えていました。
頂上で居合わせた地元の方に伺ったところ、こんなにくっきりと大山を見ることができるのは、年に数回だということでした。

晴れて暖かだった那岐山・その9
下山は稜線を東にたどり、Aコースへ。
動物の足跡が交錯する中につけられた、トレースをたどってどんどんと下っていきます。

晴れて暖かだった那岐山・その10
Aコースは1009mピークとのコルで林道と合流するのですが、ここで登りをかわして林道を西へ。
その先で植林帯を下って、Bコースと合流し、あとはそちらを下りました。

晴れて暖かだった那岐山・その11
橋で蛇渕沢を渡れば、間もなく登山も終了です。

晴れて暖かだった那岐山・その12
これは下山後に車を走らせた、奈義町の溜池のほとりから見上げた那岐連山の写真。
右から那岐山、滝山(たきやま・1196.5m)、広戸仙(ひろどせん・1114.5m)です。
今回は実際の登山も良かったのですが、こうやって山麓から見ても立派な山であり、中国山地の山の良さを最確認することのできた一日となりました。

2012年01月18日 その他の山々 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。