--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年12月27日

寒さ厳しい木曽福島。

年内最後の登山として、久し振りに冬の3000m峰を登ろうと思いたちました。
まああんまり無理をせず登れるところということで、選んだのが木曽御嶽山(きそおんたけさん・3067m)。
日本の3000m峰の中では一番西の山であり、米子からも足を運びやすいところです。

寒さ厳しい木曽福島・その1
初日は丸一日車を運転して、宿泊する山麓の街・木曽福島へ。
中部山岳登り口の街はあちこち出向きましたが、ここは初めて訪れる場所。
到着したのは夕暮れ間近の時間でしたが、少しだけ街を散歩してみることにしました。

寒さ厳しい木曽福島・その2
家並みの向こうには、雪をまとった中央アルプス前衛の山々が頭をのぞかせていました。

寒さ厳しい木曽福島・その3
これは木曽川親水公園の足湯。
温度低下を防ぐためでしょう、蓋がされていました。
足をつけてみようか…とも思ったのですが、あまりにも寒い!ので止めておきました。
足湯前の水道の受け皿の水は、カチンコチンに凍りついていました。

寒さ厳しい木曽福島・その4
木曽川沿いの崖家造りの家並み。
すでに日は落ち、暗い写真となってしまいました。

寒さ厳しい木曽福島・その5
陽が落ちるとさらに寒さは厳しくなり、気温はすでに氷点下5度以下になっていたようです。
街灯の少ない商店街の一角で、甘酒を売るお店の明かりが灯っていましたが、この明かりがより一層、寒さを際立たせているような雰囲気でした。

寒さ厳しい木曽福島・その6
本当に寒かった木曽福島。
しかし夏は一変、気温の高い暑い暑い街になるのだそうです。
また季節を変えて訪れて、こちら側から中央アルプスの山を登ってみるのも面白いのではないかなとも思いました。

2011年12月27日 旅行・観光 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。