--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年12月17日

和気アルプスの天神尾根へ。

冬の間はよく足を運ぶ、岡山県の和気アルプスに今シーズン初めて行ってきました。

和気アルプスの天神尾根へ・その1
今回の登路は、まだ登ったことのない天神尾根としました。
由加神社に車を停めて、集落内を西に向けて歩いていきます。
前方のアンテナの立つ山は和気富士(わけふじ・172.8m)。
この手前で右手の集落を抜け、墓地の奥の防獣フェンスを左にたどって小高くなったところから山に取り付きます。

和気アルプスの天神尾根へ・その2
まばらな樹林に入り、小さな祠(天神様)を過ぎるとすぐに明るくなだらかな岩尾根となり、小高くなった地点が薬師山と名付けられた小ピーク。

和気アルプスの天神尾根へ・その3
薬師山から一旦下ると、円形劇場のような岩に囲まれたコルの左手に降り立ちます。
そこから岩を歩いて尾根に上がり、頭上に見える穂高山を目指していきます。

和気アルプスの天神尾根へ・その4
穂高山直下は40mほどのスラブとなっていて、ちょっとした核心部といった感じでした。
けれども傾斜は30度程度で、慎重に歩けばまったく問題ないレベルです。

和気アルプスの天神尾根へ・その5
穂高山頂上から見下ろした天神尾根(写真左の小尾根)。
写真中央のこんもりしたピークが和気富士で、遠くに見えるのは熊山(くまやま・507.8m)です。

和気アルプスの天神尾根へ・その6
穂高山からは歩きやすい尾根道をたどって、和気アルプス最高地点の神ノ上山(こうのうえやま・370.3m)を目指しました。

和気アルプスの天神尾根へ・その7
神ノ上山の頂上。
土曜日ということもあり、大勢の登山者で賑わっていました。

和気アルプスの天神尾根へ・その8
下山は往路を涸沢峰まで引き返し、竜王山(りゅうおうやま・223.2m)を越える愛宕尾根としました。
竜王山は西面のバットレスと呼ばれる岩壁がよく目立つ、和気アルプスの中でも形の良い山です。

和気アルプスの天神尾根へ・その9
展望のない竜王山頂上、そして小さな小竜王を越えて、大田原の集落へ向けて下山。
この街の中にどんどん下っていく妙な感覚は、和気アルプスならではのもの。
今回は出発時の米子は雪が降っていてどうなることか?と思ったのですが、山陽側は明るく晴れ渡り、気持ちの良い山歩きを楽しむことのできた一日となりました。

2011年12月17日 その他の山々 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。