--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年12月15日

雑誌『岳人』と『山と渓谷』の2012年1月号。

2011年も残す所あと2週間ばかり。
毎月15日は山の雑誌の発売日ですが、今月は早くも来年の年号の書かれた1月号が書店に並べられます。

雑誌『岳人』2012年1月号
これは『岳人』の1月号。
今回は全国各地の山々を毎月5座ずつ紹介する、「とっておきの山歩き」というページの5番目に、鳥取県の宝仏山(ほうぶつさん・1005m)という山を紹介する記事を書かせていただきました。
よろしかったらご覧ください。

また巻末の山岳会の会報を紹介するページ「会報ノート」では、私が鳥取県のほうで所属している岳獅会の会報「岳獅」も紹介されました。
目立つ記事として触れられたのが、大山北壁、鳥取県東部の沢登り、甲川ガイド、大山概念図、そして最後に、前穂高明神稜線上滑落事故報告。
う~ん、私の書いた事故報告を評価していただき、何とも複雑な気分ですが…まあいいか!

ところで今月の表紙を飾った可愛らしい女性は、私が東京都のほうで所属している山岳会Climbing Club ZOOの会員・川口茜です。
巻頭記事の「登れ! いい山」9~14ページに渡って、上越の谷川岳(たにがわだけ・1977)を登った山行記も書いているのでぜひご覧ください。
力作です!
なお、この取材時のガイド役はやはりClimbing Club ZOOの会員であり、私のガイドである安村淳。
ということで今月はけっこう身内のかかわる記事が多く、私としては楽しく読める号となりました。

雑誌『山と渓谷』2012年1月号
いっぽう、こちらは『山と渓谷』1月号。
今回は第2特集の「2012年、山で迎えるお正月」の最後のページで、大山(だいせん・1729m)の夏山登山道から弥山(みせん・1709m)を登るコースガイドを書かせていただきました。
編集者の小林千穂さんにも褒めていただいた雪の大山の写真3点も掲載された、カラーページです。
その他、特集の「いま知っておきたい山の最新事情10」は今の登山界を俯瞰した良い記事ですし、付録の「山の便利帳2012」も大変に便利なものです。
ぜひこちらもお買い求めいただければと思います。

Amazonへのリンク:
岳人 2012年 01月号 [雑誌]
山と渓谷 2012年 01月号 [雑誌]

2011年12月15日 山の本や雑誌 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。