--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年10月13日

日名倉山とベルピール自然公園。

NHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」の2011年度下半期第1回目は、奥播磨の日名倉山(ひなくらやま・1047.4m)へ行ってきました。

日名倉山とベルピール自然公園・その1
国道429号沿いの日名倉山登山道入り口。
ここからしばらくは舗装路上を歩いていきます。
日名倉山とベルピール自然公園・その2
雛倉集落の中に祀られた、日名倉神社にもお参りしていきました。

日名倉山とベルピール自然公園・その3
鹿よけゲートを潜り、植林作業道を黙々と進みます。

日名倉山とベルピール自然公園・その4
やがて奥海越へ到着。
植林帯も大体ここら辺りまでで、この上は自然林中心の中の登山道となってきます。

日名倉山とベルピール自然公園・その5
一ノ丸を過ぎた先の登り坂。
この先、二ノ丸の小ピークも越えなければなりません。

日名倉山とベルピール自然公園・その6
たどり着いた、日名倉山での記念撮影。
おかげ様でこの「ゆっくり歩く登山教室」は、実施開始後2年半を経て、やっと定員いっぱいの受講生の皆さんを迎えることになりました。
今回はお二人の欠席がありましたが、私とアシスタントを加えると、総勢で25名。
なかなかの大人数です。

日名倉山とベルピール自然公園・その7
山頂での昼食後、下山はベルピール自然公園方面へ。

日名倉山とベルピール自然公園・その8
ベルピール自然公園に立つ、日本で一番大きいとされる鐘・リューバンベール。
かつては結婚式場として賑わった施設だそうですが、最近は閑散としています。
景気付けにみんなで鐘を打ち鳴らし、今回の山行も無事に終了となりました。

2011年10月13日 ガイド コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。