--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年09月26日

穂高岳山荘から上高地へ下山。

奥穂高岳(おくほだかだけ・3190m)に登った翌日は、一気に上高地まで下山です。

穂高岳山荘から上高地へ下山・その1
朝食前、まだ暗いうちに小屋の前に出ると、妖しい感じの朝焼けが、雲の切れ間から赤い光をのぞかせていました。

穂高岳山荘から上高地へ下山・その2
それでも前日とはうって変わり、頭上の雲は多いもののガスはなく、視界は広がっていました。
出発前に穂高岳山荘の裏手に出ると、笠ヶ岳(かさがたけ・2897.5m)が大きな姿を見せていました。

穂高岳山荘から上高地へ下山・その3
慎重にザイテングラートを下り、右上にそびえる前穂高岳(まえほだかだけ・3090.2m)を写した写真。
鋸歯状の北尾根は初級のクライミングルートとして人気なのですが、最近は岩の脆さが際立ってきたようで、事故も多いみたいです。

穂高岳山荘から上高地へ下山・その4
涸沢ヒュッテまで下って、裏手のナナカマドと一緒に山を写してみました。
実は真っ赤ですが、紅葉まではあと少し、といった感じでした。

穂高岳山荘から上高地へ下山・その5
さらに下って、明神館前に売られていたりんごの写真です。
この直後、添乗員の方がこのりんごを勝って渡してくれました。
もの欲しそうな様子だったかな??
この後は上高地まで迎えに来ていただいたバスに乗り込み、渋滞もなく思いのほか早い時間に東京都内に帰り着くことができました。

2011年09月26日 ガイド コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。